IGP 国際作業犬試験

3万6千年以上前から犬は人の仲間で、家畜化によって、人との緊密な社会関係が築かれました。私たちの生活には犬が色々な分野に存在しますので、我々は犬の幸福のために責任を持たなければなりません。

犬を訓練したり、ドッグスポーツを行ったりする場合、犬との信頼関係が大事です。そして、人と犬との間に調和があったら、トレーニングの時に人が犬に学習情報を与えます。それぞれの犬の理解能力と才能を理解した上で訓練する必要があります。 その訓練の結果をチェックするためにFCIの国際作業犬試験(IGP)が存在しています。



FCIの国際作業犬試験(IGP)FCIの国際訓練試験(IPO)の新しい名称で、その名称と規程が2019年1月1日にFCIの執行委員会において承認されました。IGP(アイジーピー)はドイツ語のInternationale Gebrauchshunde Prüfungsordnung(インテルナッツィオナーレ・ゲブラウフスフンド・プリューフングゾルドヌング)の頭文字をとった国際作業犬試験(IGP)のことです。それはFCI(国際畜犬連盟)の規程に基づき行われる訓練テストです。

IGPには3つ科目があります。それはIGP1,IGP2,IGP3です。課目は「足跡追及」「服従」「防衛」です。



足跡追及の時に犬は嗅覚を使って印跡者の足跡を追及します。1頭1頭の犬に別のコースを用意して、コース上の物品を見つける度に指導手に知らせます。ここでは犬の作業の確実性がチェックされます。

次は、服従オビディエンスです。指導手の指示に従い、脚側行進招呼ダンベル持来などを行い、指導手へのオビディエンス能力が評価されます。

次は、防衛です。襲撃してくる防衛ヘルパーに怯むことなく攻撃を阻止したり、逃走する防衛ヘルパーの動きを規制したりします。指導手の指示に従う能力をチェックしながら、犬自身の判断力も試されます。
この3つの作業を通して作業意欲勇気性オビディエンス落ち着いた判断力チェックされます。



一つ一つの課目は100点満点です。全ての課目で70点以上得点できれば合格できます。犬は得点に応じて評価されます。

FCIの国際作業犬試験であるIGPの1回の試験で1科目だけ受験可能なので、合格したら、次の科目に登録できます。

受験可能な犬の年齢ですが、IGPⅠは生後18カ月1日以上、IGPⅡは生後19カ月1日以上、IGPⅢは生後20カ月1日以上です。

Fordogtrainers Japanでは、上質な犬訓練用品を取り扱っております!
以下の犬用グッズをご覧ください:
新製品!犬訓練用ブラインド経験があるトレーナー用軽量スーツ犬訓練用木製ハードル三つのハンドル付 ジュートの噛み付きパッドダンベルラック犬用おもちゃ・噛むタグ (持ち手付き)犬用鳴りムチ (シュッツフント用具)犬訓練用鳴りムチ犬訓練用ソフトタイプのムチ
5% Banner
Copyright © 2019 www.fordogtrainersjapan.com. Powered by FordogtrainersJapan