お散歩の際、リーダーになるの必要性

犬のお散歩。リーダーは誰か?
犬とのお散歩。リーダーになるの必要性。
犬を散歩させることは犬に散歩させられるにならないように注意しなければなりません。

飼い主のリーダーシップを愛犬に見せることが躾の重点です。お散歩の時には、飼い主の前に行かせることが良くないです。そうすると犬がパックリーダーらしく振る舞い始めます。
神経過敏で鋭敏な走り回る犬は運動不足のサインを示すと言われています。十分な運動が必要となります。
運動不足の理由が分かるために愛犬について次の質問に答えてください:
  • お散歩の時には、あなたは先に立って行きますか?
  • お散歩の時には、犬の前に歩きますか?
  • 犬はあなたの後ろを追いかけて来ますか?
  • 他の犬の匂いを嗅ぎたりおしっこをしたりしたいときに自由にできますか?
「はい」と答えた方の犬は毎日のお散歩が大好きです。快適でリラックスできる活動です^^
「いいえ」と答えた方の犬を適正な運動させることが必要です。緊張しすぎると犬は不安になって病気になる場合があるので訓練士や獣医に相談して十分な運動をさせてください!
「どこへ行くか?どこで止まるか?どこで曲がるか?」と犬ではなく飼い主の決定です。飼い主はリーダーらしく振舞わなければなりません。

 

 

 

5% Banner
Copyright © 2017 www.fordogtrainersjapan.com. Powered by FordogtrainersJapan