犬用口輪の使用目的

犬用口輪の使用目的・必要性:

  • 訓練の検証する

  • 保護犬や軍用犬の訓練士またはヘルパーの身を守る

  • 犬が他の犬や人間に攻撃的な態度を示す時は、危険から身を守る

  • 犬の訓練・しつけの際に、飼い主や訓練士の身を守る

  • 飼い主の留守中物をかまないようにする

  • 他のペットがいる家に初めて来るとき

  • 獣医師への通院など

  • 来客や子供に対する攻撃的な態度を示す時

口輪の主な使用目的はセキュリティと訓練結果の検証です。

犬の攻撃的な態度を変えるために充分に厳しい躾が大切です。この躾の結果を検証するときにマズルをつける必要があります。

効果の低い口輪とは?

家庭内の複数の同士の間に持続する攻撃行動が共通問題です。「問題を解決するためにどんな口輪を選んだほうがいい??」はよく聞かれる質問です。しかしこの場合は、口輪ではなく犬のケージや厳しい躾が必要です。

例えば、犬が他の犬を噛まないように口輪を付けると問題の解決にはなりません。飼い主が犬の行動をしっかりコントロールすることが大切です。

犬と子供たちとの関係は特別な問題だと言われています。マズルをつけても、攻撃的な態度を示す犬がいる家に子供をおいてはいけません!軍用犬の訓練士によると口輪を付いている犬にひどく噛まれた強い男性がたくさんいます。健康を損なう場合もあるようです。

口輪が攻撃な行動の解決方法だと思っている人がたくさんいますがこれは思い違いです。時々犬の攻撃性を減少するためには検査、訓練、コントロールだけではなく鎖でつなぐことが必要です。

 

5% Banner
Copyright © 2017 www.fordogtrainersjapan.com. Powered by FordogtrainersJapan