犬の熱中症

体温が40°С以上になると犬が熱中症(熱射病・日射病)にかかったと言われています。

健康だけではなく命に関わる状態に至ることもあるので十分に注意べきです!

人間の体の仕組みと違って、犬には汗腺があまりないので体温調節もあまりできません。

蒸し暑い日の散歩、車内や通気性が良くない室内での留守番等が犬の熱中症の原因となります。蒸し暑い日に車内に置いていた犬、エアコンが付けていない部屋や日差しの強いケージに置いた犬が多く発病します。

日差しの当たりやすい車内では、5~10分でも熱中症になってしまうことがあります。通気性が良くないのでエアコンの代わりに窓を少し開けても不十分です。

閉め切った室内での留守番も危険です。

蒸し暑い日の散歩も犬の日射病の原因となります。

真夏のアスファルトの上は50℃を超える場合が多いです。靴を履いている飼い主はそのような熱さを感じないが、犬は熱射病だけでなく、足の裏のやけどする危険性もあります。

リスクグループといえば?フレンチブルドッグ、ボストンテリア、フレンチパグ、シーズー、ブルドッグ、ペキニーズ、ボクサーのようなマズルが短い犬種、アラスカン・マラミュート、シベリアンハスキー、サモエドのような被毛の厚い犬種、太っている犬、子犬、老犬、体が弱い犬は、熱射病にかかりやすいと言えます。

コマ(昏睡)やショックのような犬の命に関わる病状が起こす場合があるので口を広く開けて苦しそうに呼吸をしたり、下痢をしたり、倒れたりする犬が見つけたらすぐに応急処置を行うようにしましょう。できるだけ早くペットの体を冷やし、涼しい場所に移動させます。それから暖かい水を飲ませて水分補給を行います。冷たい水をたくさん飲ませるとショックやストロークが起こる場合があるので十分に注意しましょう。血流をよくするには頭を体より低い位置に置いていて、冷えたタオルで犬の頭、わきの下、足を冷やします。愛犬の体温が39℃まで下がったら落ち着いてできるだけ早く動物病院に連れて行きましょう。

熱中症を予防するには、犬の体温や住所・居所のようなことに注意しましょう。

閉め切った室内や車内で留守番させないことが大切です!

充分な水分補給も忘れないようにしましょう。

飼い主でも愛犬でも楽しめる涼しい公園や庭での散歩すると安全です。

一番暑い日中の散歩の変わりに早朝か夜の散歩を楽しみましょう

5% Banner
Copyright © 2017 www.fordogtrainersjapan.com. Powered by FordogtrainersJapan