犬の口輪について

犬に口輪を是非つける場合・状況があります。口輪の件について詳しい説明は次です。

口輪を付ける主な理由は噛みつき防止です。散歩中拾い食い・迷惑な行為の防止にも使われます。そして、怪我を噛んだり舐めたりする傷ついた犬にとって最適な犬用品です。

公共の場所の散歩、犬の運送、グルーミング、爪切り、獣医師への通院、他の犬との付き合いなどの場合に口輪を使わなければなりません。


次に、犬用口輪・マズルのタイプとその特徴を検討しましょう。

犬用口輪は色々あって、利点と欠点がもちろんあります。

普通に、口輪(マズル)は革製犬用口輪とワイヤー製犬用口輪に区分されます。


革製犬用口輪

革製の口輪はバスケット型口輪とメッシュタイプ口輪に分けられます。

バスケット型本革口輪


バスケット型本革口輪


バスケット型口輪は厚くて、丈夫なワンピースの本革で作られます。通気性を改善するように革に穴を打ちあけます。このマズルのタイプは犬の鼻をすっぽり覆うバスケット型(かご型)があります。
 
ベルジアン・マリノアやジャーマン・シェパード・ドッグのような中・大型犬に良く合う
バスケット型本革口輪はきつく適合しません。犬の鼻と口輪の間に空間が残ります。口輪を押しても、鼻先と接触しません。ワンちゃんは口を開けたり、無理なく呼吸したりするができるようにデザインがあります。

グレート・デーンのような大型犬によく合う装飾された犬用口輪
犬訓練、攻撃的な犬に最適な本革口輪です。


 fordogtrainers japan メリット:犬の鼻と口をすっぽり覆われて、噛み付くことができません。
 fordogtrainers japan デメリット:通気の穴にかかわらず、この口輪はワンピースですから、長時間に使うことをお勧めしません。暑い天気、激しい訓練の際、熱射病の可能性がありますから、注意してください。そして、このタイプのマズルはかなり重いです。

メッシュタイプ本革口輪


メッシュタイプ本革の犬用口輪


メッシュタイプ犬用口輪はリベットで接合される本革の細いストライプで作られます。

この犬の口輪はきつく適合しません。犬の鼻と口輪の間に空間が残ります。
イングリッシュブルドッグのような小・中型犬に最適なメッシュタイプ本革口輪
このマズルは目の間に当たる追加のストラップがあり、犬にとって口輪を脱ぎにくいです。
メッシュタイプのマズルはおとなしい犬に最適です。

fordogtrainers japan
メリット:メッシュタイプですから、通気性に優れて、犬は無理なく呼吸するができます。この口輪を付けても水を飲めます。メッシュタイプ本革のマズルは軽量で、長時間につけても、ワンちゃんに心地の良いです。
fordogtrainers japan デメリット:バスケット型本革口輪より弱いですから、噛み付く可能性があります。

ワイヤー製犬用口輪


金属のワイヤー製犬の口輪


この犬の口輪は金属のワイヤーのメッシュで作られます。犬の鼻をすっぽり覆われるバスケット型(かご型)がある丈夫な口輪です。どんな状況でもバスケット型は崩れません。


ワイヤー製犬の口輪はストラップで固定されて、ずれません。そして、犬にとって脱ぎにくいです。

アムスタッフのような中・大型犬に最適なワイヤーのマズル
ワイヤー製犬のマズルはきつく適合しません。犬の鼻と口輪の間に空間が残ります。口輪を押しても、鼻先と接触しません。


ワンちゃんは口を開けたり、無理なく呼吸したり、水を飲んだり、吠えたりすることができるようにデザインがあります。そのため、愛犬に心地の良い口輪です。


fordogtrainers japan メリット:通気性が優れます。
fordogtrainers japan デメリット:冬なら、金属のワイヤーは犬の毛にくっ付けますから、この口輪をお勧めしません(耐寒のゴム引きワイヤー製口輪があります)。犬はぐいと押すと、人か他の犬を傷つけられます。

5% Banner
Copyright © 2017 www.fordogtrainersjapan.com. Powered by FordogtrainersJapan