愛犬の被毛(コート)の種類について

犬種にかかわらず、すべての犬の被毛がユニークです。

きれいにした被毛が美しいだけではなく、犬のいい健康の印だと言えます。

汚れたやボサボサになってしまった長すぎる毛は皮膚病の原因となる場合が多いので、犬の健康に良くないです。

愛犬の性格によって異なりますが、ほぼ全ての犬はマッサージのような快適なブラッシングが好きです

また、ブラッシングしながら病気の兆候を見つかる場合が多いです。

犬の毛を6種類に分けて、それぞれのお手入れを考えてみましょう。

毛の長い犬のお手入れ

飼い主さんや犬の美容師さんのおかげでコリー、ニューファンドランド、シェルティー、アフガンハウンド、ペキニーズ、シーズー、セッター、スパニエル等の様な犬の毛が美しくツヤツヤ輝きます。

その美しさを得るために定期的なブラッシングが欠かせません。

そうしないと、ボロボロになってしまった長い毛を撮り切るしかないのような状態になる場合が多いです。

先に太い歯の柔らかいブラシ、あるいはばらな歯櫛を使用したほうがいいです。

静電気を防止するには、木製くしを使用することをおすすめします。

目の周り、肛門周り、指の間の様な繊細な部分をきれいにしましょう。

冬のお散歩の時、指の間にある濡れた毛玉のため、犬は大変な不快感を感じる場合が多いです。

長毛犬のシャンプーといえば、頻度を低くしたほうがいいです。

汚れてしまった時だけで結構です。

なめらかな短毛犬種の毛のお手入れ

ボクサー、ブルドッグ、ロットワイラー、スタッフォードシャー・テリア、ブルテリア、ドーベルマン、ミニチュア・ピンシャー、チワワの様な犬は短い被毛(アンダーコート)を持っています。

毛が少ないと言えますが、定期的なブラッシングが必要です。

室外犬は1年に2回、室内犬はそれよりも頻繁に脱皮しますので、余分な被毛と抜け毛を取り除くことが大切です。

なめらかで短い毛のある犬用のブラシといえば、スリッカーブラシ、固い毛先があるブラシや長くて尖った歯がある櫛等ではなく、ラバー製ブラシや洋服ブラシのような柔らかい毛先のあるブラシを使ったほうがいいです。

愛犬の毛を美しく輝く保つには、ブラッシングしてから、毛流れの方向にスエード生地で拭いてみてください。

シャンプーは、年に数回で結構です。

毛が硬い(ワイヤーコート)犬の毛のお手入れ

フォックステリアやエアデールテリアの様なテリアグループの犬、ジャイアント・シュナウザー、ミッテル・シュナウザー、ミニチュア・シュナウザーの様なシュナウザーグループの犬、ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターの様なハウンド犬(猟犬)は、毛が硬い(ワイヤーコート)犬と呼ばれています。

このような犬の毛のお手入れは、ブラッシング、毛のカットとトリミングという3つのステージを含みます。

通常のカットするだけでは不十分なので、トリミングという抜け毛を取り除くことが必要です。

スムーズやショートコートがある犬と違って、ワイヤーコートがある犬の毛がもっと硬いので、ケアが足りないと毛玉になりやすいです。

「普通」の被毛のある犬のお手入れ

 犬のトレーニング・散歩用ナイロンのハーネス

 

シベリアンハスキー、ジャーマン・シェパード・ドッグ、イースト・ヨーロピアン・シェパード、ベルジアン・シェパード・ドッグ(マリノア)、アラバイ、ラブラドール・レトリーバーの様な犬のアンダーコートのある短い~長い被毛のお手入れが一番簡単な毛だと言えます。

普通の犬用ブラシを使って定期的にブラッシングを行います。

必要ならば、スリッカーブラシやファーミネーターを使って不要な毛を取り除きます。

縮れた毛(カーリーコート)のある犬のお手入れ

プードル、ベッドリントン・テリア、ケリー・ブルー・テリアの様な抜け毛があまりない犬はお手入れが要らないというわけではありません。

縮まれた(カーリ)毛は、長毛より毛玉になりやすいです。

ハサミで切るしかない毛玉を防止するためには、少なくとも週二回慎重にブラッシングをしましょう。

毛が汚れやすい犬種ですので、2~3ヶ月に1回が理想的な頻度(ペース)だと言えます。

エキゾチックな被毛のお手入れ

被毛があまりないチャイニーズ・クレステッド・ドッグ、ウールロープのように見えるプーリーやコモンドールの不思議な毛のお手入れは、どうして必要なのでしょうか?

通常のブラッシングは確かにダメですね。

このような犬を飼う前に必ずプロに相談してください。

 

 

5% Banner
Copyright © 2017 www.fordogtrainersjapan.com. Powered by FordogtrainersJapan