犬の運動について

人間にしてもペットにしても、健康的なからだをつくるには、栄養バランスのとれた食事や適度な運動が重要です。

犬はエネルギッシュな動物ですので毎日十分な運動を要します。

このエントリーは、様々な年齢の犬に適切な運動強度についてです

子犬の社会化にとって最も大切な時期は、生後2~3ヶ月まで社会化期です。

飼い主さんの家族、ほかのペットといっぱい遊ばせることが必要です。

子犬の体がまだ強くないので無理せず、少しづつ簡単な服従訓練をしたほうがいいです。

大事な飼い主さんとの40~60メートルの競走が大好きな犬が多いです。

走るのは楽しいだけではなく、「来い!」という基本的なオビディエンスのコマンドの訓練です。

散歩中の訓練

毎日、短い散歩時間でも散歩の間中に訓練を続けることが大切です

時々長時間の散歩したほうがいいです。

忙しくても、愛犬との快適な1~2時間のお散歩は楽しいではないでしょうか。

生後5ヶ月の犬に適切な運動強度といえば、50~100メートルのランニングや基本的なしつけです。

愛犬の社会化を続けるためには、できるだけ他の犬といっしょにばせることが大切です。

生後6-8ヶ月の犬の訓練・しつけ

犬の体力を高めるために毎日の短期トレーニングを続きましょう。

様々なおもちゃダンベルを使って、犬に投げたものや指示されたものを持ってくるように教えます。

愛犬と信頼関係を築くために必要な散歩やゲームも忘れないようにしましょう。

生後9-10ヶ月の犬の訓練・しつけ

投げるおもちゃを使って「もってこい」の訓練を続けます。

5~10回ほど繰り返すことが生後9~10ヶ月の犬に適切な強度です。

水遊びしながら「もってこい!」のトレーニングを続けます。

アクティブなゲーム、ンニングや競走、ジャンプのしつけ、障害物を超えるしつけに最適な時期です。

1歳6ヶ月以上の犬の訓練・しつけ

散歩の時間が少なく、強度が強くなります。

ハードルを使ってジャンプのしつけ、フリスビーやほかの投げるおもちゃを使ってトレーニングします。

5% Banner
Copyright © 2017 www.fordogtrainersjapan.com. Powered by FordogtrainersJapan