犬の歯磨きの仕方

大事な愛犬が健康に暮らすためには、歯磨きが大切です。

ワン子の口を開けて奥歯の裏までよく見てください。

歯ぐきが赤くなっていませんか?

歯が暗くなっていませんか?

口が臭かったりしませんか?

上記は歯周病のサインです!歯周病にならないように毎日の歯磨きが必要です。

急にワンコにとって見知らぬ歯ブラシを口に入れると嫌がる場合が多いです。

この過程をわかりやすく説明してみましょうヾ(*´∀`*)ノ


では、手をよく洗ってから愛犬の歯磨きを始めましょう。

1.口に触られることに慣らす

最初は遊びながら犬の頭、マズルを指で優しく触ってみてください。自分の動作を説明しながら歯と歯肉を優しくタッチしてみてください。飼い主の声を聴いたり、優しい表情を見たりしながら落ち着きます。愛犬との大切な信頼関係を考えて無理しないでください。少しずつ慣れさせてみてください。犬が攻撃を示し始めたら歯磨きの練習をやめたほうがいいです。

犬の歯磨きの仕方(ステップ1b)   

2.歯ブラシの紹介

ソフトな歯ブラシを選択したほうがいいです。歯ブラシをスニッフしたり、舐めたり、優しくかんだりさせてもOKです。しかし、窒息の危険性があるのでおもちゃとして使わないでください。歯ブラシを動かず口に入れてみてください。

犬の歯磨きの仕方(ステップ2b)   

3.歯磨き過程(1)

歯磨きペーストを使わず優しくブラシを優しく動かしてみてください。最初からうまくできなくても怒らないでください。うまくできたら褒めてあげましょう。

4.歯磨きペースト

少量の犬専用歯みがきペーストを食べさせてみてください。鶏肉味や牛肉味ペーストは美味しいし、ペットの健康に悪影響を与えません。命に関わる場合もあるので人間用歯みがきペーストを犬に使ってはいけません!

犬の歯磨きの仕方(ステップ3b)   

5.歯磨き過程(2)

「歯磨きをするよ~」と声をかけて犬の前歯と歯肉をやさしく磨いてっください。

愛犬の体を強く押さえたり、急に歯ブラシを口に入れたり、イライラして怒鳴ったりすることは絶対にしないでください。

大事な愛犬の健康を考え、リラックスして楽しく歯磨きをしましょう


5% Banner
Copyright © 2017 www.fordogtrainersjapan.com. Powered by FordogtrainersJapan