犬の攻撃訓練

目的装具ではなく人を攻撃することです。
犬が自分の体で「犯人」を打ち落とさなければなりません。


このような攻撃訓練の時に丈夫な警備犬用口輪はお勧めです。
危険ですから他のモデルではなくシュッツフンド用口輪を使ったほうがいいです。

「犯人」の役をしているヘルパーが安全な防衛のプロ犬訓練士・ヘルパー用スーツを着るべきです。犬は倒れた「犯人」を傷つけるから全身を守るスーツが必要です。

訓練の前に口輪のつけ方を確認してください。攻撃訓練は非常に危険ですから外れないように口輪をちゃんと付けてください。


次のステップは犬を怒らせることです。
怒っている犬のリードを持っている飼い主は「犯人」を攻撃させます。
犬の攻撃のため「犯罪者」が倒れます。それから腹ばいになって這い戻ります。これは自衛本能と攻撃本能の訓練です。

飼い主が「止めて」、「来い」と命令して犬を落ち着けさせます。上手く訓練されるとこの犬の攻撃性はコントロール可能になるだけでなく、犬に精神的な安定感をもたらします。
このような訓練はゲームではありません!


マズルのない攻撃がマスチフ系の犬種(ロットワイラーやブルマスチフなど)の得意技だと言われています。
攻撃訓練の時には、飼い主が隣にいる(3メートル位)といいです

5% Banner
Copyright © 2017 www.fordogtrainersjapan.com. Powered by FordogtrainersJapan