犬を口輪に慣らす方法

犬をマズルに慣らす方法

マズルの訓練を始める一番いい年齢は約5ヶ月の子犬です。犬の鼻と頭の特徴によって口輪のサイズとタイプをきちんと選択すべきです。

愛犬を口輪に慣らすにはかなりの時間がかかります。徐々に教えないと犬は口輪を全然付けたくない可能性があります。次のステップは簡単で、有効な方法です。

ステップ1

最初、犬に口輪を紹介するほうがいいです。犬はくんくん口輪のにおいをかぐのは必要です。かぎたくないと、いいにおいが出るように口輪をおやつで擦ってください。

ステップ2

紹介が終わったら、次のステップに進めます。今回、ワンちゃんの鼻を口輪の中に乗せる行動します。口輪の中におやつなど食べ物を入れて、口輪を手で横に向けて持ち、犬が鼻を入れておやつを食べさせます。何回も繰り返してください。最初、おやつが食べたら、犬はすぐに口輪から鼻を出るでしょう。しかし、何回も繰り返して、鼻が口輪の中にある時間を20-30分に延ばしてください。

ステップ3

犬は口輪に少し慣れたら、ステップ3に進めます。口輪にまたおやつを入れて、食べている時にそっとストラップを止めます。口輪をつけたらおやつをあげてください。そうしたら口輪を脱いでください。何回も繰り返して、口輪が付いている時間を延ばすことができます。

注意:犬に自分で口輪を脱がせてはいけないです。自分で脱ぐことはいいと考えれば、いつも口輪をわがままに脱ぎます。そのため、口輪を飼い主しか脱がないということを愛犬に伝えるのが必要です。

口輪の訓練した後に、散歩や遊びなど愛犬が大好きな事をしてあげて下さい。

上記のステップに従って訓練して、ワンちゃんは口輪が楽しくて、いいもだと思っています。
5% Banner
Copyright © 2017 www.fordogtrainersjapan.com. Powered by FordogtrainersJapan